簡単に入学できる

学費が安くて入学しやすい

通信制大学に入学するメリットの1つはやはり学費の安さが挙げられるでしょう。四年制大学であれ短期大学であれ、入学するとなれば相当な金額を用意しなければいけません。国公立大学でも年間50万円以上かかりますし、ましてや私立大学に入学することになると、1年あたり100万円以上は準備していないといけません。その点、通信制大学の場合は、そのような学費を用意する必要はありません。理由としては、大学に備わっている施設を利用することがなく、その利用費が求められないからです。学費の大半を占めるのは授業料になります。近年はその学費の安さと利便性の良さから社会人が主に利用していますが、専門分野を詳しく学びたい学生の中には通信制大学を掛け持ちしている人もいます。

基本的に入学試験がない

通信制大学の場合は入学試験が原則ありません。通常大学に入学する際には入試を受ける必要があり、その合格者のみが入学できます。しかしながら、通信制大学であれば、そうした入学試験を受ける必要がなく書類選考のみで合否が決まることが多いです。そのため、入試の準備をしなくてものいいです。もちろん、通信制大学によっては学習内容の専門性の高さから試験を課するところもありますし、論文試験や面接試験を行うところもありますが、難易度としては通学制の大学に比較するとそこまで難しくありません。通信制大学は時間的・空間的制約が少なくて非常に人気が高まっています。卒業するには一定期間スクーリングが必須のところが多いですが、それが免除なところも出てきています。

英語の教員免許を通信大学で取得するには、卒業要件となっている科目を受講するだけでなく、数週間の教育実習への参加や、定期的なレポートの作成が必要となります。