学歴を評価してもらいにくい

れっきとした大卒資格である通信制大学

一般的な通学制の大学とは別に、通信制で学べて大卒の資格を得られる通信制大学という制度があります。通学制にくらべて授業料が非常に安いので、高校生の時は家庭の事情などから進学をあきらめざるをえなかった人や、就職した後で自分が本当にやりたかったことを見つけられた人にとっては有難い選択肢でしょう。通信制大学も大学なので卒業すれば立派な大卒なのですが、通信制を通学制ほど評価しない人がいるのも事実です。

偏差値教育といわれていたこれまでの時代では、難易度の高い大学に受かったことが評価される傾向にありました。4年間の大学生活で学んだことよりも、入学当初の学力に視点が向けられていたのです。書類審査のみで入学できるところが多い通信制大学なので、誰でも合格できる簡単な大学というイメージを持つ人もいたのでしょう。

これからの時代のほうがマッチしている制度

通学制の大学ではほとんどの学生が卒業できるのに対し、通信制大学の卒業率は非常に低くなっています。入学試験が必要ないので、学力不足のためにすべての課題を仕上げることができなかったという人もいるのでしょう。また社会人として働きながら学ぶと決意した人も多いため、仕事と学業の両立が想像以上に難しかったのかもしれません。そういった環境で卒業できた人は、相当な努力をした人だといえます。

そうした過酷な状況を乗り越えてきた通信制大学の卒業生は、十分な知識やスキルを身につけていることが予想でき、尊敬すべき存在です。低い評価をくだす人は、入試の難易度ばかりに視点を向けていたのかもしれません。しかし肩書や学歴の時代といわれる今までの土の時代は終わり、知識や知性の時代といわれる風の時代に入りました。通信制大学で培った知識やスキルは、これからの時代では大いに活用できることが期待できます。

国語の教員免許を通信制の大学で取る方法として、中高の国語科の教職カリキュラムを履修して、テキストやオンラインで必修科目や選択科目の単位の取得や、所定の期間の教育実習を行うことが一般的です。